名市交7000系の試運転が、昨日あったようで

みなさまこんばんは、のんべえです。昨年12月から名鉄舞木検修場に、重要部検査で入場していた名古屋市交通局上飯田線用7000系が、昨日1月10日に出場試運転を、本宿~豊明間で行ったようです。

たまたま豊明から東岡崎まで電車で移動していたのですが、「なんだかカメラを構えている人が多いなぁ」と思っていたのですが、新安城で停車しているときに前から7000系がやってきて3番線に退避しました。

と言うわけで、写真が撮れなかったので、開業前に犬山まで新車回送した時の写真を出しておきます。

画像
名市交7000系犬山方先頭車の7600型です。犬山線の某駅で撮影しました(^_^;)。退避のために、当時はあまり使われていなかった、1番線に入線しました。

画像
名古屋方先頭車7100形方向から撮影した全体写真です。

さて、今回「名市交の車両が、なぜ名鉄の施設で検査しているのか?」、と言うことですが、上飯田線の車両に関してはすべての検査を名鉄が請け負っているためです。このため通常の滞泊・日常検査・月検査は犬山検査場で、重要部検査・全般検査は舞木検修場で、それぞれ行っています。

今回登場から4年たったので(早いなぁ)重要部検査が行われたのでした。これで7001Fが犬山に帰ると続いて7002Fが入場するでしょう。入場日と出場日がわかるといいのですが(^_^;)。

ではまた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック