鉄道車両図鑑 JR東海 313系5000番台

みなさまこんばんは、のんべえです。鉄道車両図鑑第5回は、「JR東海 313系5000番台車」です。平成18年に313系久しぶりの増備車として東海道線の新快速系統用に登場しました。従来の0番台に比べてマイナーチェンジとグレードアップがなされています。

画像
313系5000番台の編成画像です。大阪方から「クハ312-5000・モハ313-5300・サハ313-5000・モハ313-5000・サハ313-5300・クモハ313-5000」の6両編成で全12編成72両が大垣電車区に所属しています。VVVFインバーター制御で最高運転速度は120Km/hと動力性能は既存車と変わらないのですが、313系5000番台にはいくつか違うところがあります。
1.クロスシートがすべて転換できるようになった。
2.貫通扉上部のヘッドライトが白色LEDに、ヘッドライトがHIDになった。
3.方向幕・種別幕がフルカラーLEDになった。
4.両先頭車の台車にセミアクティブダンパー装備
5.各車両間に車端間ダンパーの装備
6.トイレが車椅子対応型になった。
7.ATS-P型の準備工事済み。
などです。

画像
大阪方先頭車「クハ312-5000」です。定員は126(着席40)人、新型の身障者対応トイレが設置されています。このためトイレ前には座席はありません。台車はセミアクティブダンパー付きのC-TR251A形、C-C2000ML形コンプレッサーが搭載されています。

画像
大阪方より2両目の中間車「モハ313-5300」です。定員は139(着席56)人です。VVVFインバーター装置はIGBT式のC-CS38G1形、台車はC-DT63B形、モーターは出力185KwのC-MT66C型交流誘導電動機を4個搭載、パンタグラフはシングルアームのC-PS27B形を装備し、150KVA-VVVF一体型の補助電源装置を搭載しています。

画像
大阪方より3両目の中間車「サハ313-5000」です。定員は139(着席56)人です。台車はC-TR251A形です。

画像
大阪方より4両目の中間車「モハ313-5000」です。定員は139(着席56)人です。VVVFインバーター装置はIGBT式のC-CS38G1形、台車はC-DT63B形、モーターは出力185KwのC-MT66C型交流誘導電動機を4個搭載、パンタグラフはシングルアームのC-PS27B形を装備しています。

画像
大阪方より5両目の中間車「サハ313-5300」です。定員は139(着席56)人です。台車はC-TR251A形で、C-C2000ML形コンプレッサーが搭載されています。

画像
東京方先頭車「クモハ313-5000」です。定員は130(着席48)人です。VVVFインバーター装置はIGBT式のC-CS37形、台車はセミアクティブダンパー付きのC-DT63B形、モーターは出力185KwのC-MT66C型交流誘導電動機を4個搭載、パンタグラフはシングルアームのC-PS27B形を装備し、150KVA-VVVF一体型の補助電源装置を搭載しています。

画像
フルカラーLEDになった方向幕です。この側面方向幕は走り出してある速度以上になると消灯するようになっています。前面は点灯したままです。

画像
大阪方先頭車「クハ312-5000」の台車、セミアクティブダンパー付きのC-TR251A形です。セミアクティブダンパーは写真では見えない所に付いているのでしょうね。

画像
各車両をつなぐ様に付いている車端間ダンパーです。まるで700系新幹線のようですね。セミアクティブダンパーと車端間ダンパーで走行時の揺れや振動を吸収できるようになっています。

と言う訳で、長くなりましたが車両紹介はこれまでにします。新型車は資料が少なくて大変でした(^_^;)。では、次回もお楽しみに(^_^)/~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

名鉄・東海道線(名古屋近郊)ファン
2007年03月13日 13:26
JR東海車両のなかで速度パワー力が高い車両がデビューしましたね、今度名鉄2200系が5本増備するらしいですけど僕は廃車まで名鉄1200系が本線特急でいて欲しいところです。もし2200系増備車が本線用だった場合車端間ダンパーやセミアクティブダンパーが付く気がします。でも思うのがライバルの名鉄1000系・1200系が一部特別車なので313系5000番台にはE231系と同様の2階建てグリーン車2両をつけた方がライバル関係としては良い戦いになりそうです。
2007年03月17日 22:20
名鉄・東海道線(名古屋近郊)ファン
さんこんばんは。レスが遅くなりまして申し訳ありません。
さて今後のJR東海と名鉄の東海道対決ですが、JRのほうが313系5000番台登場で一歩リードした感じはします。
名鉄は今後の一部特別特急化の対応が先になりますので、それが終わってから1200系の取替えに入るのかなと思います。
JRのグリーン車連結は無いでしょう。それは過去の関西地区113系グリーン車の撤退と言う事実から明らかです。
今後も良い意見ありましたらよろしくです(^_^)。
理想の車輌
2013年07月02日 00:38
専門用語は解釈してもらっても全く分からないけど、
5000番台も313系全般の内装について、
人間工学からはじき出され、乗り心地はよくなってる筈なのに
1駅間でくたくたになるのは何故なんだ?
 211系ロング車のほうが快適なのは何故??
あっ、気がついた。
2013年08月01日 21:03
国鉄車両は何十時間だって疲れやしないが、JR
化後の車両には乗りたくねェ。
 つまり24系25系の富士ぶさ大歓迎!!
サンライズ瀬戸は解体直行してよし

この記事へのトラックバック

  • 東海道線 313系5000番台

    Excerpt: 313系5000番台は211系を置き換えるため、2006年8月22日に営業運転を開始した。セミアクティブサスペンションや車体間ダンパを装備し、高速域の車両安定性と乗り心地の改善を図っている。 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2013-05-10 19:56