名鉄 「はんだ山車まつり」イラスト系統板

画像

みなさまこんばんは、のんべえです。

5年に一度行われる「はんだ山車まつり」、今年は開催の年にあたっていて10月6日・7日に行われます。名鉄では開催記念と宣伝のため、9月21日より記念系統板を取り付けた編成を本線系統に3編成、瀬戸線に1編成の4編成を走らせています。すべての編成が撮影できましたので、紹介したいと思います。

・6003編成
画像
今回、三河ワンマン車の6003編成に板が付きました。付いている板は豊橋方、岐阜方とも白いタイプの板です。

画像
と言うわけで神宮前で撮影。こちらは豊橋方です。ちょっとピントが甘いですね(^_^;)。

画像
反対の岐阜方を。やっぱりピントが甘いなぁ・・・

・6014編成
画像
こちらも三河ワンマン車ですが、唯一の固定窓2両編成車が使われました。板は、豊橋方が赤いベースに山車まつりキャラクター「だし丸くん」が描かれたもの、岐阜方は同じだし丸くんですが、「半田市で待ってるダシ」と台詞が入っています。

画像
6014編成を岐阜方から。

画像
発車してゆくところを後撃ちで豊橋方。6014編成は2両編成なので、他の編成と併結する可能性が高く、単独運用で撮影出来てよかったです(^_^)。

・6018編成
画像
本線3編成目は6018編成です。中期車の窓が開く編成が使われています。板は豊橋方が白ベースのもの、岐阜方が台詞入りのものです。

画像
まずは岐阜方の板。栄生ですが、逆光の中何とか収めることが出来ました(^_^;)。

画像
そして豊橋方の板。これも無理やりの画像ですねぇ・・・。

・瀬戸線
画像
瀬戸線は取り付ける編成が固定されていませんので、板の方向を紹介します。栄町方には白ベースのもの、尾張瀬戸方には赤ベースの物が付いています。

画像
何とか定番ポイントで撮影してきました(^_^;)。まずは栄町方。白ベースの板です。

画像
折り返しを狙って。瀬戸方の赤ベースの板です。撮影した日は6031編成が使用されていました。

画像
6014編成を撮っているときにD-1板の編成と並びました(^_^)。本線系唯一の赤ベース板だったので、貴重なシーンを抑えることが出来ました(^_^)。

と言うわけで3種類の「はんだ山車まつり」板を紹介しました。4編成に3種類の板が付くと言うことでどうなるのかと思っていましたら、結構とんでもないことになってしまいました(^_^;)。この中には久しぶりの板付き2連車も入っているので、色々な編成パターンが楽しめると思いますが、板を押さえたい人は苦労させられることだと思います。

半田の山車は河和線の踏切を渡るのですが、山車が踏み切り待ちをしているときに板が付いた編成が来たら奇跡の一瞬が撮れそうなんですが・・・果たしてうまく行くのでしょうか(^_^;)。
では、また。

"名鉄 「はんだ山車まつり」イラスト系統板" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント