昭和の「鉄道模型」をつくる 第33号

みなさまこんばんは、のんべえです。「昭和の「鉄道模型」をつくる」の第33号が3月13日に発売されましたので紹介したいと思います。

画像
いつもの通りパッケージの表紙です。表紙写真は第2号・第19号と同じものですが、多少右にずれています。表紙の色は青色ですね。

画像
本誌と付属品の入った本体です。
本誌33号の内容を紹介します。

1.「昭和レトロ列車」でなつかし紀行
  土讃線
2.駅ものがたり
  強羅駅
3.名車図鑑
  阪神5101形ジェットカー
4.「TETSUMO(鉄模)の達人」を訪ねて
  野月貴弘さん
5.鉄道模型A to Z
  路面軌道を作る(2)
6.今週の作業
  木造平屋住宅を作る
7.昭和の情景
  ビートルズがやってきた
8.人物クローズアップ
  ジャイアント馬場
9.思い出エンタメ劇場
  ウルトラマン
10.ヒット商品博物館
  カローラ1100
11.「鉄道廃線跡」をたどる
  北恵那鉄道

画像
・土讃線は、香川から高知に入るところの山越えが一番のハイライトでしょうか。この区間の高速化のために日本初の振り子式気動車特急2000系が導入されました。写真は2000系の試作車「TSE」です。

・強羅駅は、箱根観光をすると必ず通るところですね。登山鉄道、ケーブルカーとも車両は変わりましたが、駅舎は昔ながらの風情で、山に来たと言う良い雰囲気をかもし出しています。

画像
・阪神5101形ジェットカーは、阪神の路線に特化した専用車と言う感じですね。現在では後継車に変わりましたが、今でも日本で一番加速力の良い電車なのかな。TOKIOが競争したときに、絶対に勝てませんでしたねぇ。勝ったのは加速の遅い形式でしたし(^_^;)。乗ったときの加速感と、どこかにつかまっていないと振り飛ばされそうな恐怖感(?)は忘れられません。廃車後に車体が琴電と京福福井支社へ譲渡されました。写真は京福福井支社から変わったえちぜん鉄道のMC1101形 1102号車で、5101形最後の生き残り車両になります

画像
・今回は特別に「TETSUMO(鉄模)の達人」から。野月氏の鉄道パフォーマンスは、面白いものがありますね(^_^)。写真は昨年の名古屋丸栄百貨店鉄道模型展でのひとコマです。競演しているのは、鉄道アイドルの木村裕子さんですね。

画像
・北恵那鉄道の廃線跡は、かれこれ6年ほど前に行きました。廃線になって20年以上になりますが、結構廃線跡が残っていますし、個人経営の記念館もあります。写真は、木曽川に架かる鉄橋跡です。

画像
今回の付属品は「木造平屋住宅」です。今回は町並みコレクション第2弾からです。まずは組立図から。

画像
つづいて、本誌内の組み立て説明書です。実質2件の建物になりますので、いつもよりスペースをとっています。

画像
付属品の箱を出してみました。2件分でも小さい箱です。

画像
パッケージを出しました。箱の製品番号は「KD-33」になっています。

画像
箱から出してみました。2件分なので部品は多いですね。

画像
部品を並べてみました。一部を除いて同じ部品が2個づつ入っているのが判ります。

画像
組み立ててみました。塀の位置の関係で2件をわけて建てる事は出来ませんね。部品の組み合わせがかなり微妙で、調整が必要なところがあります。

画像
裏側から。生活感が無いので、いろいろ飾って汚してゆくのがいいのかもしれませんね。

「洋館付き和風住宅」が付属品に付いた第34号が発売されました。リンクをクリックして進んでくださいね。

昭和の「鉄道模型」をつくる 第34号
  http://nonbee.at.webry.info/200803/article_25.html

では、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きょろぼー
2008年03月16日 00:45
おお、また新しいのが出ましたかw
阪神のジェットカーといえば5101系もですが、阪神大震災後に出た5500系もそうですね。この2つの車両とも加速はすごいですが、特に5500系は20秒で時速80kmまで出るからしいですから、これまたビックリです(×O×)
実は、来週の水曜日に大阪へ日帰りで遠征撮影旅行へ行ってきますので、そのときにその加速力を体験しに行きたいと思います。(^^)


2008年03月16日 01:08
きょろぼーさん、こんばんは。

ジェットカーは良い加速しますねぇ。立って乗ると、どこかにつかまっていないと振り飛ばされそうになりますし(^_^;)。
新型の5500形は最高速度到達時間は早いのですが、初期加速度は5101形の方が早いです。これは制御方式とギヤ比の違いです。VVVFインバーター車は高速域でも加速度が衰えないので、最高速度到達時間はVVVF車の方が早くなります。
ちなみに5101形の起動加速度は4.5km/h/s、5500形の起動加速度は4.0km/h/sです。
今走っている5131・5331形も5101形と同じですので同様の加速感を味わえますね。

この記事へのトラックバック

  • 昭和の「鉄道模型」をつくる 第32号

    Excerpt: みなさまこんばんは、のんべえです。「昭和の「鉄道模型」をつくる」の第32号が3月6日に発売されましたので紹介したいと思います。 Weblog: のんべえさんの部屋 racked: 2008-03-16 00:27
  • 君の笑顔を抱いてぬくもりに満たされる

    Excerpt: ... 学校の合唱コンクールとかはまた別だがw ジャニーズだとTOKIOが好きだ... Weblog: TOKIOの秘密 racked: 2008-03-16 21:02