昭和の「鉄道模型」をつくる 第25号

みなさまこんばんは、のんべえです。「昭和の「鉄道模型」をつくる」新年第2弾の第25号が1月17日に発売されましたので紹介したいと思います。

画像
いつもの通りの表紙です。表紙写真は第9号と同じものですが昼間のような色合いになっています。表紙の色は青緑色かな。

画像
本誌と付属品の入った本体です。

本誌25号の内容を紹介します。

1.「昭和レトロ列車」でなつかし紀行
  岳南鉄道
2.駅ものがたり
  JR新橋駅
3.名車図鑑
  花巻電鉄デハ3
4.「TETSUMO(鉄模)の達人」を訪ねて
  三矢英輔さん
5.鉄道模型A to Z
  建物を自作する(2)
6.今週の作業
  動力ユニットを組み込む
7.昭和の情景
  路地裏は子どもたちの「開放区」だった
8.人物クローズアップ
  坂本九
9.思い出エンタメ劇場
  古寺巡礼
10.ヒット商品博物館
  ベープ 電気蚊取り器
11.「鉄道廃線跡」をたどる
  清水港線

・岳南鉄道は、今の主力である京王3000系改造車が入線する前の、東急5000系改造車が主力の頃に行きました。吉原駅周辺の工場地帯の中と、終点の広々とした景色のギャップが面白いです。それと新幹線とのからみかな。ここは、私鉄で残った数少ない貨物列車の運行路線でもありますね。

・JR新橋駅は、駅前広場にSL・C-11が展示してあって、よくテレビにでも出てくるおなじみの駅です。周辺にはお昼に安くておいしいランチを食べさせてくれる店が数多くあります。

・花巻電鉄デハ3は、さすがに実車に乗ったことはありませんが、岩手県花巻市・花巻駅至近の材木町公園という所に実車が保存されているようです。

・清水港線は近い割には乗りに行けませんでした。1日1往復の旅客列車で、それも旧型客車+貨車という混合列車で最後まで運行されていました。
今清水港線跡を探索すると、本誌に出ていた車両のほか静岡鉄道清水市内線の路面電車の保存車も見られたりします。

画像
今回の付属品は、待ちに待った車両用の動力ユニットです。箱から出してみました。

なお今回は、通常価格1480円のところ、500円増の1980円が販売価格です。付属品が定価2310円の物がついているので仕方ないのかな。でも330円ものお買い得品になっています(^_^;)。

画像
さすがに今回は動力用の専用ケースです。箱の製品番号は「KD-25」になっています。

画像
どこかで見た感じのデザインだと思ったのですが、鉄道コレクションの動力ユニットと同じデザインです。中に入っているものは同じなのでこれでもいいのかな。

画像
箱の裏側です。中に入っているものが印刷されています。

画像
箱の中身を並べてみました。15mの動力ユニット、台車枠、カプラー、ウエイト、説明書が入っています。

画像
説明書の表です。鉄道コレクションの動力ユニットと、同じ説明書が入っています。

画像
違う部分は表紙に当たる部分でしょうか。ここだけ「昭和の鉄道模型をつくる」になっています。説明が12m級車両用となっていますが、これしか持ってない人が大半なのでもう少し何とかならなかったのかな。

画像
説明書の裏面です。

画像
本誌内の組み立て説明書です。

画像
25号までそろいましたので、これで特製コントローラーの応募ができるようになりました。応募封筒をなくした人のために別紙で応募封筒がついてきました。

画像
応募封筒の裏面です。ここに各号の本誌から応募券を切り取って貼り付け、講談社に送ることになります。きっと今頃は張って準備している人が日本中にゴマンといるのかな(^_^;)。

さてこれで動力までそろい、1号の車両に組み込むと走らせることが出来るようになります。コントローラーを持っていない人は、もうしばらく待つことになるのかな。

次号26号、付属品が「銭湯」の号が発売されました。リンクから次号に行ってくださいね。

◎昭和の「鉄道模型」をつくる 第26号
  http://nonbee.at.webry.info/200801/article_16.html

では、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 昭和の「鉄道模型」をつくる 第24号

    Excerpt: みなさまおはようございます、のんべえです。2週間お休みしていました「昭和の「鉄道模型」をつくる」ですが、第24号が1月10日に発売されましたので紹介したいと思います。 平成20年になってから最初の発.. Weblog: のんべえさんの部屋 racked: 2008-01-17 22:21