昭和の「鉄道模型」をつくる 第26号

みなさまこんばんは、のんべえです。「昭和の「鉄道模型」をつくる」の第26号が1月24日に発売されましたので紹介したいと思います。

画像
いつもの通りの表紙です。表紙写真は第10号と同じものですが夕方のような色合いになっています。表紙の色はエンジ色かな。

画像
本誌と付属品の入った本体です。

本誌26号の内容を紹介します。

1.「昭和レトロ列車」でなつかし紀行
  札幌市電
2.駅ものがたり
  南海電鉄難波駅
3.名車図鑑
  京王 5000系
4.「TETSUMO(鉄模)の達人」を訪ねて
  大野雅志さん
5.鉄道模型A to Z(今週の作業特別編)
  試運転&レールの本貼り
6.今週の作業
  銭湯を作る
7.昭和の情景
  「黒四ダム」完成に沸いた
8.人物クローズアップ
  大鵬
9.思い出エンタメ劇場
  底ぬけ脱線ゲーム
10.ヒット商品博物館
  ファンシーケース
11.「鉄道廃線跡」をたどる
  長野電鉄河東線(木島線)

・札幌市電はVVVF車の8500型が登場してから乗りに行きました。都心部分で交差点2つくらいで接近しているのなら繋げばいいのに、って思ってしまいました。

画像
・南海難波駅の建物は荘厳で、いかにも始発駅って言う存在感が良いですねぇ(^_^)。正面入り口から入ってホームにたどり着くまでがしんどいんですが・・・。でも今後の改装工事で判りやすくなるのかな。

画像
・京王5000系は、日本車両デザインの傑作のひとつですねぇ。名鉄の5500系も同じデザインなので、名古屋人にも親近感が沸くんですよね。写真は京王の5000系っていいたかったのですが、よく似た名鉄の5500系です(^_^;)。

・長野電鉄河東線、と言うよりも木島線っていう方がしっくり来ますねぇ。ワンマンにはなっていましたが、お客さんも少なくまったりと乗りつぶしてきました。

画像
今回の付属品は「銭湯」です。今回も町並みコレクション第5弾「大型建物編」からです。まずは組立図から。

画像
変わりばえしませんが、付属品を箱から出してみました。今回もはめ込み式になっています。大型建物編は部品が大きいので大きい箱が用意されているのですねぇ。

画像
箱の製品番号は「KD-26」になっています。

画像
箱から出してみました。一つ一つが大きいので完全には広げていません。

画像
前回同様仮組みしてみました。

画像
銭湯の名前は「松の湯」になっています。

画像
「松の湯」の名前は入り口のガラスにも書かれています。

画像
今回組み立てに荒さが出ていました。裏の湯沸し室のやねの組み立てが不完全でした。完全に浮いてしまっています。

画像
またガラスが取れてしまっているのもありました。これは遮光塗装するのには都合が良かったのですが。

画像
本誌内の組み立て説明書です。

画像
今回は「鉄道模型A to Z」のコーナーが「今週の作業特別編」として、試運転の行い方とレールの本貼りの方法が書かれています。そーいえばまだコントローラーの応募封筒出していなかったっけ(^_^;)。

レールが汚れた時ですが、サンドペーパー掛けは絶対にやめましょう。レール上面に傷が着くと落ちなくなります。鉄道模型店を回ってレールクリーニング専用の液体を買れる事をお勧めします。

次回の付属品、「薬局」が付いた第27号が発売されましたので、リンクからお越しください。

◎昭和の「鉄道模型」をつくる 第27号
  http://nonbee.at.webry.info/200802/article_2.html

では。また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月27日 21:58
のんべえさん、こんばんは。
初めて書き込みさせていただきます。YUJIです。

「昭和の鉄道模型をつくる」もいよいよ後半になりますね。
26巻の本文解説の、レールが汚れた際の処置の紙やすりは私も疑問に思いました。やっぱりクリーナーで拭くべきなのですよね。記事に書いてくださって、安心しました。

私はレールの本貼り方法のボンド塗りたくりも疑問に思って実行していないのですが、のんべえさんはどの様に固定を考えていらっしゃいますか?
2008年01月27日 23:55
YUJIさんこんばんは、はじめまして。
ようこそお越しくださいました(^_^)。

紙やすりなどを掛けてはいけないと言う話は、私の鉄道模型仲間から聞きました。傷が付くと汚れが落ちなくなる、と。特にTOMIXのステンレスレール(昔の茶色道床のもの、今の物は洋白らしい)では、どうしようもなくなると。
でも、昔の宮澤の砂消しみたいなレール研き使ってたりしますが・・(^_^;)。

レールの固定は、とりあえず両面テープで止めたままにしたいと思っています。ボンドで固定すればずれなくていいのですが、もし故障したときに取り外せなくなりますので。
ボードも発泡スチロールみたいなものですしね(^_^;)。硬く固定するなら、Nゲージ用の犬釘使いますし・・。

これからもよろしくお願いします(^_^)。

この記事へのトラックバック

  • 昭和の「鉄道模型」をつくる 第25号

    Excerpt: みなさまこんばんは、のんべえです。「昭和の「鉄道模型」をつくる」新年第2弾の第25号が1月17日に発売されましたので紹介したいと思います。 Weblog: のんべえさんの部屋 racked: 2008-01-26 01:50