昭和の「鉄道模型」をつくる・工作編 第3回ボードの組み立て

みなさまこんにちは、のんべえです。昭和の「鉄道模型」をつくる・工作編第3回は、ベースボードを組み立ててみたいと思います。

画像
ベースボードは第13号、補強材は第14号の付録についてきました。とりあえずベースボードを並べてみました。

画像
ベースボードを張り合わせます。合わせ目の接着力を高めるために、木工用ボンドを併用しました。

画像
ボンドを塗ったら裏返して張り合わせ、合わせ目に添付の接着シールを貼り付けます。

画像
裏を接着したら表にも接着シールを貼ります。

画像
同じ様にもう一組も作成します。この時、横方向から接着を始めると作業がしやすいようです。

画像
2枚を並べて裏返し、縦方向を木工用ボンドと接着シールで接着します。

画像
表にして表面の接着シールも張ります。

画像
続いて裏面の補強財を取り付けます。

画像
接着面にはのりがついていますが、接着力を高めるために木工用ボンドを併用します。

画像
本誌の説明書の通りに並べて、補強財を貼り付けます。

これでボードは完成です。次回は線路を並べてみたいと思います。
次のリンクからお進みください。

◎昭和の「鉄道模型」をつくる・工作編 第4回線路の取り付け
  http://nonbee.at.webry.info/200712/article_12.html

では、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック