名鉄 5703編成にEB・運行記録装置の搭載を確認

みなさまこんばんは、のんべえです。前回1800系1801編成にEB・運行記録装置の搭載を確認しましたが、今回5700系5703編成にも装置が搭載されているのを確認しましたので紹介します。

画像
と言うわけで先頭車の展望席部分に堂々と置かれている運行状況記録装置です。

5700系は登場当時「セミパノラマカー」という名前で登場した、助手席側からの展望を重視した車両なのですが、目の前にこんなものを堂々と置かれては、展望を楽しみたい人にとっては「邪魔なもの」の何者でもありません。

画像
今度は運転台です。マスコンとブレーキハンドルの間に、EBの確認ボタンが付いているのが判ります。他にも防護無線の搭載やそれに伴う無線機の交換、耐雪ブレーキや停車駅案内装置なんかも装備され、登場時に比べれば運転台周りがだいぶ重々しくなってきました。

福知山線の事故以来の経緯で、このような装置を取り付けなければならなくなったのはわかりますが、1800系や5700系のように、多少でも旅客からの前面展望を考慮した部分にこのような装置を取り付けるのはいかがなものかと思います。
どこか他に取り付けるところは無かったのでしょうか。
では、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック