昭和の「鉄道模型」をつくる 第10号

みなさまこんばんは、のんべえです。「昭和の「鉄道模型」をつくる」の第10号が、9月27日に発売されましたので紹介します。

画像
第10号の表紙です。

画像
付録のところを見開きにしたところです。

本誌第10号の内容を紹介します。番号の対象は第1号の照会文を見てくださいね。
 1.近鉄内部線
 2.国立駅
 3.国鉄20系客車
 4.駒田健さん
 5.レイアウトのプランニング
 6.赤線の灯は消えたけれど
 7.中内功
 8.「有楽町で逢いましょう」
 9.三菱鉛筆ユニ
 10.信越本線碓氷峠区間
です。

◎昭和の「鉄道模型」をつくる 第1号
  http://nonbee.at.webry.info/200708/article_2.html

近鉄内部(内部と書いて「うつべ」と読みます)線は、近いので何度も訪れたことがあります。車両が本当に小さいです。ロングシートの車両では、座ると立ち席スペースがなくなってしまうくらいです。ただ冷房車が1両も無いので、夏は暑いです。

中にでてくる三岐鉄道北勢線は、数年前までは内部線と同じ近鉄線でした。なので走っている車両も同じ様な車です。ただこちらは昨年冷房車が登場しました(^_^;)。

国立駅って降りた事がなかったなぁ。高架工事の関係で写真の駅舎もなくなるとか。

国鉄20系客車は1度だけ乗ったことがあります。と言っても特急「あさかぜ」で乗ったのではなく、大阪から長野まで走っていた寝台急行「ちくま」でした。今でこそJR東海の383系ですが、当時は大阪持ちの20系+12系でした。

信越線の碓氷峠区間は皆様も良く知っていることでしょう。私は廃止になる時に2度ほど行きました。また復活しないかなぁ(*^_^*)。

画像
今回の付録です。やっと最後のレール、ポイントです。これでレールはそろうことになりました。

TOMIXの同等製品は、№1232 ミニ電動ポイントN-PL140-30(F) 税込み2,520円ですが、電動部分がはずしてありカーブレールがついていないので、1000円くらいなのかなぁ。
と、思っていたら1000円超えるようです。電動ユニットが単品で945円、付属するカーブレールが150円くらいなので、1500円近いようです。これくらいなら冊子は付録みたいですね。

画像
と言うわけでいつも通り箱から出して見ました。製品番号はKD-10になっています。ポイントマシンの模型(?)が付いているのですが、本誌では付け方なんたらって書いてありますが、時代考証からするといらないと思うのですが・・・。

画像
今回はポイントの裏面を見てみました。大きく欠き取られているところに、電動部分が入ります。なおTOMIXファイントラックのポイントは、この部分に動作ユニットが入らないとポイントが固定されず通電が不良になりますので、次回の電動ユニットが出るまで走行はお預けになります。

画像
実は今回2セット買って来ました(^_^;)。今回のレイアウトを拡張できるようにする下準備です。でも本当は反対方向に曲がるポイントがほしいんですよね(^_^;)。

これでレールはすべてそろいました。次回はポイントの電動動作部分とフィーダーです。

第11号が発売されましたのでこちらから。
◎昭和の「鉄道模型」をつくる 第11号
 http://nonbee.at.webry.info/200710/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月28日 01:05
こんばんは。
お~,拡張を計画されているんですか!!
私はド素人なので,先ずは冊子どおりに完成させることが目標です(^^;;;

近鉄線って,全然使用していないせいかどうも名古屋に来ているってイメージが無いんですよねぇ(笑)
でも三重県には結構支線がありますよね。
先日名駅の名鉄百貨店のデパ地下をブラついた時,PiTaPaのステッカーを発見しました。
近鉄の存在を肌で感じた瞬間でした(笑)
2007年09月29日 23:57
しんさん、こんばんは。
RES遅くなって申し訳ないです。

拡張って言ってもポイントをひとつ入れて外とつなげるようにすることです。
これで他の線路作れば拡張できるわけです。

近鉄は名古屋まで来てますが、内部線なんて知らない人がたくさんです(^_^;)。
近鉄は大阪・奈良・三重が営業範囲のほとんどですからね。

近鉄もPiTaPa始まりましたね。内緒の話ですが近鉄名古屋駅の券売機では、スルットkansaiやJスルーカードが使えたりします(^_^)。
みかん
2007年09月30日 00:57
ご無沙汰してしまいました。
昨日10号を受け取ってきました。なんだか1週間が過ぎるのがとても早いです。
ポイントマシンの時代考証まで書かれていて勉強になります。
鉄道に詳しくない上、生まれる前のことだともうわかりません(汗)。

碓氷峠区間、春にドライブで行ってきました。
鉄道博物館に寄ったら、鉄道好きの相棒のお供で閉館までいることに・・・。
まあ、楽しんでいたようでよかったです。
レンガ造りの橋も圧巻ですね。
2007年09月30日 20:42
みかんさん、こんばんは。

今回の企画の時代設定上、このような中小ローカル私鉄では、電気動作式のポイントではなく人が動かすタイプのポイントのはずです。
なので、この部分には人が操作する部分を付けたいなぁ、と思っています。だるま式とかリーバー式と言われるものです。
それとも駅から遠隔操作するための棒やクランクでつながった機械的な装置かな。

碓氷峠は今でもいい雰囲気ですよね。廃線になってから行っていないので博物館を見てみたいのですが、名古屋からでは遠いです(^_^;)

この記事へのトラックバック