鉄道車両図鑑 JR東海 311系

みなさまこんには、のんべえです。鉄道車両図鑑第6回は、「JR東海 311系」です。311系は平成元年に東海道線の新快速系統用に登場しました。
211系と同じ3扉両開きの車体ですが前面デザインが変更になったほか、窓下の帯色が白い縁取りの付いたオレンジ1色になっています。車内はオール転換クロスシートですが、扉横や妻面は固定クロスになっています。

画像
311系編成写真です。311系は平成元年に4両編成13本、平成2年に4両編成2本の計4両編成15本の60両が製造され、全車両現大垣車両区に配置されました。東京方から「クモハ311-0・モハ310-0・サハ311-0・クハ310-0」の編成で最高運転速度は120Km/h、これはJR西日本の221系と並んでJR快速・普通形では初めてでした。

画像
東京方先頭車のクモハ311型です。定員は133(着席56)人です。制御装置は界磁添加励磁制御のC-CS57A、モーターは出力120KwのC-MT61A型直流直巻電動機を4個搭載しています。台車はC-DT56形、パンタグラフはC-PS24Aを装備していますが、シングルアーム形に交換されている車両もいます。
冷房装置は製造当初のC-AU711AからC-AU713Dに交換されましたが、写真のクモハ311-1だけは1台のみ交換されています。

画像
東京方から2両目の中間車モハ310型です。定員は143(着席64)人です。先頭車のクモハ311型と2両で1ユニットになります。モーターは出力120KwのC-MT61A型直流直巻電動機を4個搭載、SCV補助電源装置を搭載しています。台車はC-DT56形、冷房装置はC-AU711Aです。

画像
電動車の台車C-DT56形です。211系の台車が基本になっていますが、120Km/h運転用にヨーダンパーが付いています。

画像
東京方から3両目の中間車サハ311型です。定員は143(着席64)人です。台車はC-TR241形、冷房装置はC-AU711Aです。

画像
大阪方先頭車のクハ310型です。定員は131(着席52)人です。台車はC-TR241形、冷房装置は製造当初のC-AU711AからC-AU713Dに交換されています。車内にはトイレのほか、改造により車椅子スペースが設置されています。

画像
付随車用の台車C-TR241形です。

平成元年に新快速用に登場した311系ですが、後継の313系の登場により主に普通列車運用にまわされました。しかし313系とつながっての快速運用や検査時の予備運用にも入っていますので、新快速で活躍する姿はまだまだ見れそうです。

それでは次回もお楽しみに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月08日 19:09
こんばんは。
311系は、地元なのでよく見ます。新快速用に登場したのは良いけれど現在、普通電車の運用に入っている理由は、予想以上に車両の痛みが激しかったからだとか・・・。
2007年03月11日 09:28
こんにちは蒲信さん。
311系登場時は蒲郡まで117系と交互に運用されていましたね。その後の増備で311系だけになり豊橋まで行くようになりましたが。
快速引退は酷使が理由と言うのは、判る気がしますね。

この記事へのトラックバック