名鉄 軌道保守車SPEON現る

みなさまこんばんは、のんべえです。今朝新安城駅を通ったら、見慣れない軌道保守車が止まっていたので、思わず降りてしまいました(^_^;)。

画像
これがその車両の写真です。車体にSPENOと書いてあります。SPENOはマルタイやプラッサーと同様の軌道保守車で、車両走行によって変形したレール形状を削って元に戻す、レール削正といわれる作業を行う車です。

で、いつこんなの名鉄が購入したのだろうと思ってよく見てみたら、
画像
近鉄軌道エンジニアリングと言う会社の、リース車みたいでした。で、近鉄軌道・・・とあるので近鉄系の会社かなぁと思って調べたら、そのとおりでした。近鉄には1067mm軌間の路線もありますから、それ用の車両もあるのでしょうね。近鉄関係会社の車両が、名鉄線上にいるとは面白いものです。

画像
写真を撮っていたら6000系が来たので、並んでいるところを。

しかし、こんな大きな機械が近鉄狭軌線からどうやって名古屋まで来たのでしょうか?。JR線を回送して来たのかなぁ。それともトレーラー輸送かな。

と言うわけで珍しい保守車両を紹介しました。ではまた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トロくさ~
2013年08月14日 16:15
こんど4カ月ぶりで名古屋線を南下します。
こんなのを目撃できるといいな。
私は普通冨吉、四日市、伊勢中川で1駅ずつ停まりながら悠長な乗り鉄です。
 有料の優等列車は嫌いなたちで。
トロくさ~
2013年08月14日 16:17
あと、急行、快速急行、快速特急も嫌いです。
近鉄なら2、3両ロング車にきまっとる。

この記事へのトラックバック