のんべえさんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS すこしむかしの名鉄電車 5200系

<<   作成日時 : 2009/06/04 19:04   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

みなさまこんばんは、のんべえです。今回の「すこしむかしの名鉄電車」は、再びマイアルバムから「5200系」を紹介したいと思います。

名鉄5200系は、初代5000系に続く高性能車第2弾として、昭和32年に日本車両で誕生しました。新製当時は2両編成でしたが、昭和39年に5000系の中間ユニットモ5150形を譲り受け、1編成を除き4両編成になりました。その後、昭和53年から窓枠交換などの更新改造が行われ、昭和62年8月までに全車両が廃車されました。

車体は5000系とは異なり普通のタイプになりましたが、前面は平面ガラスのパノラミックウインドウに、側面はバネ支持の一段下降式窓になりました。制御器は三菱電機製のABFM形、モーターは東洋電機製の75kW・TDK-823で、台車は日車のFS-315Aでした。

廃車後、車体は全車両が系列の豊橋鉄道へ、台車とモーター・床下機器の一部は、5300系に使用されています。

画像
5200系の更新前の姿、5209編成の岐阜方先頭車5210号車です。昭和53年に堀田駅で撮影しました。冷房が無かったため、夏は結構暑かったのですが、窓全開で110Kmで名古屋本線を飛ばせば、天井のファンデリアともあいまって、結構涼しかったのを覚えています。ただ、下降窓のバネがへたってきており、走っていると勝手に下がってきて、困ったこともありました(^_^;)。

画像
5209編成は2両だったので、SRの増結に良く使われていましたが、このころから始まった更新工事が2両単位で行われたため、工事中の車両の代わりに入るようになりました。

更新工事は雨水浸入の激しかった1段下降式窓をやめ、同時期に登場した6600系と同様の窓と取り替えるものでした。ほかに、前面貫通幌や側面の特急サボ刺しの撤去なども行われています。この写真では、前2両が更新工事が終わった車両です。

画像
5200系の異端車、5202号車です。昭和52年ごろ、犬山線の平田橋〜西春間で撮影しました。御嵩〜常滑の高速運用に入っているところです。

画像
前の写真ではわかりづらいので、もう少ししっかりした写真を(^_^;)。5210号車と同じく、昭和53年の堀田駅で撮影した写真です。5202号車は、昭和42年の踏切事故で前面を大破し翌年、高運転台で復旧されました。さすがは名鉄というか、なんとなく野暮ったい感じでしたが、良く目立つ車両でもありました。

画像
よく比較される5500系の高運転台車5509号車です。こちらは、昭和39年に新川工場の火災で焼損し、復旧されたものです。こちらのほうが先に高運転台に改造されているんですねぇ。

5200系は1段下降窓という、名鉄らしからぬスタイルで登場しました。5000系とも違う走行音で、夏以外は結構好きな車両でした(^_^)。末期は、中間のモ5150形が先に廃車になったため、登場時の2両編成に戻り、本線の増結用や竹鼻線などで走っていました。でももう20年も前のことになるんですよねぇ(^_^;)。

また、古くて新しいネタが出てきましたら紹介したいと思います(^_^)。
では、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
のんべえさんこんにちは。5200と言えば茶色く変色したマスコンと非冷房だった事が思い出されます。

名鉄で最後の非冷房新造車だと思ってましたが、瀬戸線に入った6600が居るのを忘れてました。

古きよき時代の車両の紹介シリーズは楽しみにしてるので次は何が登場するか心待ちにしてます。
カツさん
2009/06/07 09:21
のんべえさん こんばんは!
5200型は先頭車の窓が開いてくるのと、雨降りの時は雨漏りして車内に伝ってきた思い出があります。夏場の暑い時期の表冷房はがっかりしたものです。低運転台?のスタイルは国鉄の153型を意識していたのですかね?懐かしい写真をありがとうございます。
ひおも/日面
2009/06/09 21:17
カツさん、こんばんは。

5200系って5000系と5500系に挟まれて、人気ないんですよね(^_^;)。更新後は、あの窓で非冷房でしたから、余計乗りたくなかったのかも・・・。

名鉄の非冷房車も、6600系が最後になりましたね。最も、あの時代に非冷房車を作る名鉄の考えも、わからなかったのですが(^_^;)。

いつも楽しみにしていただきましてありがとうございますm(__)m。次回は・・・ちょっと変化球で攻めてみました(^_^;)。
のんべえ
2009/06/10 00:04
ひおもさん、こんばんは。先日はお疲れさまでした(^_^)。

そーなんですよ、5200系の下降式窓は雨が降ると大変困りましたね(^_^;)。私もその1人だったです(^_^)。夏はねぇ、確かに暑かったですね。でも扇風機も無いAL車よりは、よっぽど良かったですが・・・(^_^)。

正面の造詣は、やっぱり153系の低運転台車でしょうね(^_^)。最も、5300系のタイプを日車デザインとして定着したかったところもあるようですが・・・(^_^;)。
のんべえ
2009/06/10 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
すこしむかしの名鉄電車 5200系 のんべえさんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる