のんべえさんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井への旅・第2回 えちぜん鉄道にて・その2

<<   作成日時 : 2008/11/22 09:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

福井への旅・第2回は、えちぜん鉄道の車両紹介です。えちぜん鉄道には、MC1101形1両、MC2101形8両、MC2201形1両、MC5000形1両、MC6000形2両、MC6100形12両の、25両が在籍します。順番に見て行きましょう(^_^)。

◎ MC1101形 MC1102号車
画像
MC1101形MC1102号車です。京福時代はモハ1101形でした。昭和24年製のホデハ1001形が起源ですが、昭和61年に阪神ジェットカーのモハ5101形の車体を2扉化し交換、その後数々の改造を受け今では冷房つきのカルダン駆動車になりました。

もう1両、1101号車がいたのですが、平成12年12月の正面衝突事故で廃車になりました。

画像
1102号車の台車です。カルダン化の際に豊橋鉄道1900形の台車を貰いましたが、元は国鉄101系のDT-21形です。

画像
1102号車の車内です。元々3扉のロングシート車だったのですが、2扉になってさらに長く見えますね(^_^;)。

◎ MC2101形 MC2108-2109、2111、2112、2113、2114、2115、2116号車
画像
MC2101形MC2111-2112号車の編成です。元は南海1201形の京福モハ2001形で、昭和57年に阪神5231形の車体に取り替えられている他、両運転台改造されています。えちぜん鉄道では唯一の、釣り掛け駆動方式の車両になっています。

画像
MC2101形の台車です。種車の南海2101形が履いていた、汽車会社のK-16です。

画像
同じMC2101形kMC2108-2109号車の編成です。上記の編成と違い片運転台のままで、台車も違っています。

画像
まずはMC2109号の台車。元名鉄の二代目3300系の台車で、その前は3850系や3900系が履いていました。

画像
名鉄二代目3300系時代の、FS-107形台車の写真です。

画像
そしてMC2108号車の台車、元名鉄のいもむし3400系が履いていたFS-36台車です。

元々FS-36形台車は、名鉄7300系用に作られた物ですが、名鉄時代に廃車になった7401号車と7451号車の台車が、いもむし3400系に転用されました。そして廃車後、えちぜん鉄道の旧型車の台車と交換で持ってこられました。

画像
と言う訳で、今舞木に展示してある3401号車の台車です。汽車会社のK-16なのですが、えちぜん鉄道の2101型で使われていたものです(^_^)。3400系は元々日車のD-16を履いていたのですが、展示されて同系統の台車に戻りました。

◎ MC2201形 MC2204号車
画像
MC2201形MC2204号です。京福時代はモハ2204形でした。昭和61年に阪神の3301形を貰い受けた車です。レール幅が違うため、元国鉄のDT-21形台車に変えています。

他に3両がいたのですが2両は老朽廃車、1両が平成13年の正面衝突事故で廃車になっています。

◎ MC5001形 MC5001号車
画像
MC5001形MC5001号車です。京福の車両改善のために、沿線市町村の補助金を受け平成11年に2両が製造されました。

ただし、下回りや冷房装置などは中古のものを使用しており、制御装置は元阪神の物、台車や冷房装置は元豊橋鉄道の物です。

新しい車体の車はお客さんにも喜ばれたのですが、平成13年の正面衝突事故で5002号車が廃車になり、この事故が京福電鉄からえちぜん鉄道に生まれ変わる、きっかけとなりました。

画像
5001号車の台車です。豊橋鉄道1900形の台車ですが、元は国鉄101系のDT-21形です。

◎ MC6000形 MC6001、6002号車
◎ MC6100形 MC6101号車〜MC6112号車
画像
MC6101形MC6109号車です。元愛知環状鉄道の100形・300形で、同タイプのMC6001形と共に全部で14両が活躍しています。写真の6109号車は元愛環の100形105号車です。

元愛環100形は片運転台だったため、付随車200形の運転台を取り付けて両運転台車に改造されたほか、1500V→600V化、クーラー・補助電源装置の交換等が行われています。

画像
MC6109号車になった105号車、愛環時代です。

画像
MC6109号車の台車、日車製のND-708形台車です。近代的なボルスタレス台車ですが、モーターは国鉄の中古だったりします。写真は愛環時代のものです。

画像
MC6100形の車内です。ちょっと小ぶりのボックスシートが並んでいます。

画像
MC6100形愛環時代の車内です。シートの色とカバーで雰囲気が違いますね(^_^)。

画像
洗車台で洗車されるMC2204号車。洗車機があるところでは、見れなくなった光景ですね。

画像
と言う訳で、えちぜん鉄道の車両紹介でした。完全新製の車両は1両もいないものの、味のある車ばかりで何回訪れても楽しいところです(^_^)。

次回は、えちぜん鉄道に乗って小さな旅をしてきました。「福井への旅・第3回 三国港へカニと温泉の旅」クリックして進んでくださいね(^_^)。
では、また。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福井への旅・第1回 えちぜん鉄道にて・その1
みなさまこんばんは、のんべえです。11月15・16日と、福井県のえちぜん鉄道に行ってきました(^_^)。これから何回かに渡って紹介してゆきたいと思います。第1回は、えちぜん鉄道車庫の紹介です。 ...続きを見る
のんべえさんの部屋
2008/11/22 09:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
濃いですね〜。いいですね。いろんな車両がある鉄道も。たがら名鉄好きなのかも?!
Like7011白帯
2008/11/22 15:10
車両も元阪神電車や愛知環状鉄道の車両でひしめいていますね。

5000形は2両の内1両は廃車されましたが足回りは流用品で車体は武庫川車両(もう、潰れましたが…)で作られたという合作のタイプですよ。

どれもこれも個性が強い車両ばかりには驚きを隠せないですね。
くらさん
2008/11/22 19:49
のんべえさんこんばんは。

先日の台車の件は納得しました。一両分は使われてるんですね。それにしてもMC2108のFS-107には驚きましたね〜!まさか名鉄瀬戸線の6750にも残ってるとは…。

勉強になりました。
カツさん
2008/11/22 20:27
こんばんは☆
吊り掛けが思ったより少ないです。。。
愛環車の導入で減ったのかな?
私が一度乗ったときは、1102でした。希少型ですね
よう☆
2008/11/23 02:26
Like7011白帯さん、こんばんは。

経緯が複雑な私鉄ほど、色々無いわれのある車両があって楽しいですね(^_^)。

ネットで色々調べてみると、とても面白いですよ(^^♪。
のんべえ
2008/11/23 23:01
くらさん、こんばんは。

えち鉄も、車体から見れば阪神車と愛環車ばかりですね(^_^)。MC5001だけがオリジナルデザインになってしまいました。でも阪神系の武庫川車両デザインだから、コレも飯新車の一員なのかな(^_^;)。

車体が新しくて冷房がついているほうが、お客さんには喜んでもらえますし、愛環車はクロスシートなので観光客には受けが良いようです(^_^)。でも、朝のラッシュなんかは辛そうですけどね(^_^;)。

ローカル私鉄って、色々なところから来た車両が、一緒になって走っているのが、面白いところですよね(^_^)。
のんべえ
2008/11/23 23:11
カツさん、こんばんは。

もう1両分FS-36があるので、交換しないかなと思うのですが・・・。部品取りかな(^_^;)。

FS-107台車の車は他にもいます。今後瀬戸線の車が廃車になると、また行くのでしょうか?。

のんべえ
2008/11/23 23:30
よう☆さん、おはようございます。

愛環車の導入で、吊り掛け車はだいぶ減りましたね。事故原因になったブレーキ方式の車を、早く淘汰したいという思いもあるようです。
のんべえ
2008/11/24 06:40
2401の台車をK-16に交換したのは解体前です.
 
2009/07/20 01:29
名無しの権兵衛さん、こんばんは。

廃車時のク2401号車の写真を見直しましたところ、ご指摘のとおりでした(^_^;)。ご指摘ありがとうございます。記事本文は訂正いたしましたm(__)m。

なぜ、廃車になる車の台車を履き替えたのか、謎は深まりますが、えちぜん鉄道側がFS36を早くほしかったのか、名鉄側が早く復元し2両での展示を目指していたのか、どちらかなのでしょうね(^_^)。


のんべえ
2009/07/23 20:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
福井への旅・第2回 えちぜん鉄道にて・その2 のんべえさんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる