のんべえさんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 名鉄 瀬戸線新型4000系に乗ってきました

<<   作成日時 : 2008/10/08 04:57   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさまおはようございます、のんべえです。名鉄瀬戸線待望の新型4000系ですが、10月1日より営業運転を開始しました。先日乗車することが出来ましたので、紹介したいと思います。

画像
4000系には、10月3日に乗車することが出来ました。大曽根駅でしばし待っていると、尾張瀬戸方からやって来ました。

画像
大曽根駅に停車中の4000系です。さっそく乗り込みました。

画像
とりあえず運転台を見てみました。3150系とほとんど変わりませんね。

画像
4000系の車内は5000系とほとんど同じなのですが、一番の違いは扉上の液晶モニターです。名鉄2000系や近鉄アーバンライナーなどの特急車にはありましたが、名古屋地区の一般通勤車では始めての装備です。

色々な表示が出せますが、まずは大曽根駅停車中の表示。

画像
次駅表示の全路線表示バージョン。この列車の始発駅まで分ります。

画像
停車駅での扉開方向表示です。こちらの扉は開かないようですね。

画像
10分ほど走り、栄町駅に到着しました。折り返しは尾張瀬戸行きの急行です。

画像
側面行き先表示LEDです。表示は本線系のLED車と同じでした。

画像
急行の時の車内表示。通過する駅も分ります。発車したところから停車駅までの、所要時間が判るのが良いですね。

画像
時間の都合で喜多山までの乗車でした。夕方なので、LEDが綺麗に写りますね。

瀬戸線の新形式4000系、車内は5000系と大差がないものの、車両性能は3300系以上のものがありました。特に、初採用の密閉式交流誘導電動機のおかげで、走行中のモーター音はかなり静かです。ノッチオフするとモーター車も、まるで付随車のように静かです。

またVVVFインバーターが、JR東日本のE233系などと同等品のため、東京の電車に乗っているかのようです(^_^;)。4000系のメカは、本線3150系・3300系後継車にも、ぜひ採用してもらいたいものです(^_^)。

次回乗車するときは、急行で尾張瀬戸まで乗りたいですね(^_^)。
では、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名鉄 瀬戸線新型4000系に乗ってきました のんべえさんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる