のんべえさんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 名鉄 尾西線・名鉄一宮〜玉ノ井間SF化工事 その1

<<   作成日時 : 2007/06/24 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

みなさまこんばんは、のんべえです。名鉄尾西線のSF化が平成19年上期に行われていますが、名鉄一宮〜玉ノ井間の工事が進んでいるという情報を聞きましたので行ってきました。

画像
奥町駅の工事看板です。工事完了日は8月24日になっています。

画像
まずは終点の玉ノ井駅から見てみましょう。これは工事開始前の駅前です。駅舎も何もありませんでした。

画像
工事完了後の玉ノ井駅です。立派な駅舎が建ちました。今までのかまぼこ型とは違い、四角いタイプです。この方が立派に見えますねぇ。

画像
新駅舎の内部です。工事は終わっており改札機などのSF用機器を設置するだけになっているようです。

画像
工事前のホームです。木製のホーム屋根が見えます。

画像
工事後のホームです。新駅舎から連なる新しい屋根で、だいぶスッキリした感じになっています。残りはホーム柵の工事だけでしょうか。

画像
なぜかホーム途中に駅を示す看板がありました。工事が完了すると撤去するのかな。

画像
駅名標は地面から立っている鳥居形のものはなくなり、天井からの吊り下げ形のみになりました。

画像
さて、玉ノ井駅では乗車券を駅前の商店で販売する「委託販売」という方法で発売しています。これは駅前商店の乗車券販売窓口です。

画像
今回SF化工事の完了ということで、駅前の八百広商店での委託販売が終了することになりました。最終販売期日は明日6月25日になります。

画像
次に奥町駅に向かいました。これは工事開始前の奥町駅です。尾西線のこの区間が尾西鉄道として開通した1914(大正3)年建築の駅舎で、大正時代の姿を平成の今まで残していたものでした。

画像
これが今日撮影した奥町駅です。木造駅舎はすっかりなくなり新しいSF化の駅舎が立っています。左の方にあるのは仮駅舎です。

画像
仮駅舎です。周りをぐるっと見たところ無人化の告知はありませんでした。新駅舎には駅員さんが入るスペースは無かったので、自動改札機が稼動するときが無人化される日の様です。

長くなりましたので残りの2駅は次のページ
名鉄 尾西線・名鉄一宮〜玉ノ井間SF化工事 その2
で紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分が行ったときは奥町駅しか工事してなかったんですが…(しかもまだ駅舎が残っていた)
変わりましたね…たしか広見線も工事しているような、ローカル路線にも自動改札の時代がやってきましたね。
ミクロン
2007/06/24 18:41
ミクロンさんこんばんは。
犬山線の布袋駅では駅舎の保存運動などが始まっているのですが、奥町はどうだったのかなぁ。
大正時代からSL→電車と尾西線の歴史を見てきたのですねぇ。
全線SF化に向けて全駅の自動化が進むのでしょう。一部をのぞいてね(^_^;)。
のんべえ
2007/06/24 18:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名鉄 尾西線・名鉄一宮〜玉ノ井間SF化工事 その1 のんべえさんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる